アクセス


ご挨拶


横浜医療センターで研修を考えている皆さんへ


当センターは横浜市地域中核病院(南西部地区、市内6病院)・ 地域医療支援病院として、最新の高度専門医療を地域に供給する ことに精力的に取り組み、日々診療能力を向上させています。
特に循環器系と脳・神経系、救急系は市内でもトップレベルの 能力を誇ります。さらに教育研修部を設置し医療者の育成にも 力を入れております。初期研修プログラムは全領域で充実した
プログラムを組み、熱い指導者とともに皆さんに大きく羽ばた いていただこうと考えています。
当院は臨床各科の垣根は低く、研修科以外の先生にも気軽に相談 できる状況を作っています。看護部も教育熱心でフレンドリーな 雰囲気です。なによりも優秀でやる気のある20名以上の研修医仲間
を得ることは、医師として一生の宝になると考えます。
研修終了後は本人の希望により、当センター基幹プログラム専攻医としての採用、横浜市大や他大学医局の専攻医プログラムへの参加、日本最大の病院グループであるNHOの連携を生かし、専門性のあるNHO施設での更なる研修など、多くの選択肢を提示可能です。 510病床・32診療科を擁し、1000名を超えるスタッフが一丸となり地域の「最後の砦」を守っています。ぜひ皆さんもこのチームに参加してください。

 

独立行政法人国立病院機構 横浜医療センター 院長
鈴木 宏昌






















もどる
ページのトップへ戻る