アクセス


各セクションメニューへ

院長ご挨拶

院長挨拶

 当院ホームページをご覧いただきありがとうございます。院長の鈴木宏昌(スズキ ヒロマサ)です。
 当院は旧海軍病院をルーツに持つ高度急性期病院です。この地域(旧戸塚区:現戸塚・瀬谷・栄・泉の各区)で最も歴史のある公的総合病院で、現在は2010年に新築した3代目病院で診療を行っています。
 当院は標榜する32診療科すべてで標準的医療が行える体制をとっています。この中でも特に心疾患(心筋梗塞等)および脳・神経疾患(脳卒中等)の治療は24時間時間体制で臨んでおり、地域の高度医療体制の中心を担っています。同様に救命センターでも、複数の救急医が24時間体制で救急搬送される重症症例や院内での急変症例の治療に当たっています。また地域の公的病院として、高度な周産期・小児医療およびがん・緩和医療にも対応しております。さらに当院には能力の高い看護部があります。当院看護師の活動範囲は院内だけでなく、地域への各種専門看護師の派遣やドクターカーを利用した救急現場への出動、災害対応(DMAT)、脳死下臓器提供等に広がっています。 
 日本はいま未曽有の高齢化社会を迎えようとしています。戸塚区は、数年後に横浜市で最も高齢化率の高い区になると予測されています。当院は「患者中心の医療」「地域完結型医療」を理念としておりますが、これに加え今年は国の方針でもある「医療者の働き方改革」を推進し、高齢化社会にも対応する「維持可能な地域医療供給体制の構築」を目指す初年度としたいと考えています。これには地域の皆様の協力が必須です。 
 まずは「かかりつけ医」に受診し、「かかりつけ医」からの紹介で当院に受診する様お願いたします。そして入院した場合には「患者さん方と共に良質で安全な高度専門医療を作る」を目指し、患者参加型の医療を実践して行きたいと考えます。このため、患者さん自ら名前を名乗っていただく等、ご協力をお願いする事が多々あると思います。ご理解をお願いいたします。
 私はこれまでに県内10ヵ所以上の公立・公的・民間病院で勤務してきました。その中でも当院には昭和・平成・令和と3つの年代で係わりました。縁が深いこの病院の能力を上げ、地域の皆様に選ばれる病院となるように努力いたします。
今後ともよろしくお願いいたします。

2020年4月1日 院長 鈴木宏昌



院長メッセージはこちら


もどる
ページのトップへ戻る